この記事は大体これ位の時間で読めるかも?: 340

こんばんは(^^)らっこマンです。

もうすぐバレンタインデーですね〜!

皆さんはチョコをあげる人、くれる人が居ますか?

義理チョコという物もありますよね。

今回はその義理チョコの必要性について考察してみたいと思います。

そもそも、バレンタインデーって何?って言う方(居ないと思うけどww)の為に歴史を説明致します。

 

時は3世紀のローマに遡ります。

 

バレンタイン司祭というローマ人が居ました。

 

当時皇帝であった、クラウディウス2世が強兵策の一つとして兵士たちの結婚を禁止していました。

 

これに強く反発したバレンタイン司祭は、皇帝の命に反し多くの兵士たちを結婚させました。

 

この事は皇帝の怒りをかってしまい、バレンタイン司祭は殺されました。

 

この殉教日が西暦270年の2月14日で、バレンタイン司祭は聖バレンタインとして敬われるようになり、この日をローマカトリック教会では祭日としています。

 

当初聖バレンタインデーは、司祭の死を悼む宗教的な行事でした。

 

しかし、14世紀頃からは若い人たちが愛の告白をしたり、プロポーズの贈り物をする日になったともいわれています。

 

日本では、女性から男性へ愛の贈り物として、チョコレートを贈る習慣がありますが、現在の形のバレンタインデーの始まりは、昭和30年代に入ってからです。

 

これを見るとバレンタインデーって歴史が古いんだな!って事が分かると思います。しかし日本の様にチョコをあげるという歴史は、比較的新しいんですね。

 

菓子メーカーがバレンタインデーという行事に乗っかって、チョコを売りさばくという商売上手な日本の象徴的なイベントです。

 

しかし、商売という観点だけではなく、普段好きな人に勇気を出して告白が出来ない人には、うってつけの行事でもあります。

 

昔は携帯電話などが無かった為、手紙を渡すとか直接呼び出して告白するという手段しか有りませんでした。

 

しかし、そんなの余程勇気が無いと出来ませんよね 笑

 

バレンタインデーというイベントでは、昔から義理チョコというものが存在していました。

 

勇気が無い人は、義理チョコと見せかけて相手に軽い感じで渡し、実は中にマジな告白レターが入っているという技を使う事が可能です。

 

これなら渡す時にもドキドキする事なく(まあ、すると思いますがw)サラッと告白が出来るわけです。

 

さて、ここまでは本命チョコの話ですが、会社などでは本当に義理で渡すチョコというものが存在します。

 

これは賛否両論ですが、殆どの人が煩わしいと思っているはずです 笑

 

何故かと言うと、義理チョコをもらった人は必ずホワイトデーでお返しをしなければなりません。従ってお返しをする位なら、くれない方が良いというのが本音だったりします 笑

 

何故この様な事が発生してしまうのかと言うと、本命が存在せず誰からももらえないという男性に、少しでも元気を出して欲しいという、優しい日本女性ならではの気配りなんですね(^^)

 

これに対してもらった男性は、友人などに「今年は3個もらったぜ!」などと全てが義理チョコにも関わらず、見栄がはれる訳ですww

 

この様にしてバレンタインデーとホワイトデーで皆お金を使い日本の経済が回っていくんですね。お金は使わないとまわりません。

 

ケチケチしないで、使えば使う程自分に返ってきます。風水などでもそう言われてますよね? でも無駄使いはしないで下さい。

 

もはや何を言いたいか分からなくなってきましたが、貯める時は貯める、使う時はドーンと使う事で日本の経済も自分の財布も潤いますので、義理チョコも沢山買いましょう(^^)